配信テストについて(URL限定配信)

FRESH LIVEでテスト配信(映像や音声の確認)をおこなう際、URL限定配信機能を利用する方法と、FRESH LIVE配信者管理画面を使用し配信テストをする方法を紹介します。

「URLアクセス限定」機能を利用して配信テストをする

生放送番組を予約する際に、「URLアクセス限定」設定をした番組は、FRESH LIVEのサービス内には表示されず、トークン付きURLからアクセスした場合にのみ、番組を視聴できます。

ご利用方法(パソコンでの配信)

  1. FRESH LIVE配信者管理画面右上の『新規作成』→「生放送」を選択します。
  2. 番組作成に必要な情報を入力します。
    新規配信設定ページ内の「その他の設定」にある『URLアクセス限定配信』を「設定する」に変更します。
  3. トークンが表示されます。ランダムなトークンが自動生成されますが、お好きな文字列を設定することも可能です。
  4. 確認する』を選択すると確認ページが表示されるので、情報に誤りがないことを確認し、『保存して公開』を押します。
  5. FRESH LIVE配信管理画面のサイドバー『配信予約一覧』から、作成した番組を選択します。
  6. 視聴ページのURL」を、視聴したい端末(PC・スマホ)に送り、番組のテストをおこないます。

ご利用方法(FRESH CASTアプリ)

  1. FRESH CASTを起動し、『+新規予約』をタップします。「生放送」を選択します。
  2. 番組作成に必要な情報を入力します。
    公開に関する設定枠の「URLアクセス限定にする」をオンにします。
  3. トークンが表示されます。ランダムなトークンが自動生成されますが、お好きな文字列を設定することも可能です。
  4. 右上の『保存』をタップします。ポップアップが表示されるので『保存して公開』を選択します。
  5. FRESH CASTホーム画面の「配信予約一覧」から、作成した番組を選択します。
  6. 視聴URL」を、視聴確認したい端末(PC・スマホ)に送り、番組の放送を開始してテストをおこないます。

注意事項

  • URLアクセス限定配信の番組は、ホームフィードやチャンネルページなど、FRESH LIVEのあらゆるページに導線が表示されません。
  • トークン付きURLが流出すると番組を視聴されてしまうのでご注意ください。
  • トークンを変更すると、元のURLでは視聴できなくなりますが、反映にタイムラグがあることがあります。
  • スマートフォンで視聴する場合は、URLでアプリを直接起動する設定にしてください。

配信管理画面のプレビューエリアで確認する方法

FRESH LIVE配信管理画面のプレビューを使って配信テストをおこなう方法を紹介します。
配信ツール上で配信を開始すると、数秒後にFRESH LIVE配信管理画面のプレビューエリアに映像が表示されます。ここで流れている映像はFRESH LIVEの配信サーバを経由した、実際に視聴者が見る映像と同じものです。この画面で画角や音などを調整ください。

番組を非公開(番組作成時に下書きで保存をする)にしてプレビュー画面で確認することで、視聴者には番組は公開されずに本番のサーバ環境でテストを行うことができます。

ここでのチェック項目は以下の3つです。

  1. プレビューエリアに「オンライン」と表示されているか。
  2. プレビューエリアで映像が流れているか。
  3. 音声が聞こえているか。(プレビュー画面の音声はデフォルトがミュートになっているので音量をあげて確認してください)

配信ツールを起動しているPCと同じPCでFRESH LIVE配信管理画面を開いている場合、負荷が高まり配信が安定しない場合があります。また音声が「配信ツール」から聞こえているのか「管理画面のプレビュー」から聞こえているのかを正しく確認してください。

この記事は役に立ちましたか?

Related Articles