Full HD画質で配信する場合の推奨設定

FRESH LIVEではフルハイビジョン相当の画質(Full HD:1920×1080)での生配信が可能です。フルHD画質で配信する際の推奨設定値についてまとめています。

Full HD配信の推奨設定

※Full HD配信は現在検証中です。PCに高負荷がかかることが想定されるため、本番配信前に「URLアクセス限定配信」機能を利用してテスト配信していただくことを推奨いたします。

配信ビットレート 3,000~6,000kbps
解像度 1920×1080
音声ビットレート 128kbps
フレームレート 30 fps

配信ソフトごとのキーフレーム設定

キーフレーム間隔は2秒ごとを推奨しております。配信ソフトごとの設定例は以下のようになります。

配信ソフト名 表記 設定値
OBS Studio キーフレーム間隔 2
Xsplit Max Keyframe Interval 2.0
Wirecast キーフレーム 60 ※1

※1 Wirecast設定の「1秒あたりのフレーム数」が推奨の『30』の場合。

注意事項

  • Full HD配信は、通常配信に比べてCPU/ネットワークの負荷が高まるため、環境によっては画質が劣化することがあります。HD画質での配信時に比べて、約3倍の負荷がかかります。
  • 元の映像(カメラなど)の画質が低い場合は、配信時にFull HDで配信しても画質は向上いたしません。
  • Full HDで視聴できるのは生放送時のみです。アーカイブ動画は通常画質となります。

この記事は役に立ちましたか?

Related Articles