楽曲の利用について

FRESH LIVE内での楽曲(音楽、BGM)の利用方法について説明します。

CDやYoutubeにアップされている楽曲などをそのまま再生して放送する場合

基本的には利用はできません。(JASRACやNexToneに登録されている楽曲であっても利用できません)

CD音源やYoutube等の動画サイトで配信されている楽曲には「原盤権」という権利が発生しており、通常、市販のCD・レコード等であればレコード会社が「原盤権」を持っているため、ご自身でレコード会社に問い合わせて利用を許可して貰う必要があります。その際に利用費用がかかる場合がありますが、配信主による負担となります。

JASRACやNexToneに登録されている楽曲

「原盤権」の許諾が得られた楽曲については配信可能です。放送後に「楽曲利用申請フォーム」より利用した楽曲を報告してください。FRESH LIVEよりまとめてJASRACやNextoneへ著作権料を支払います。

JASRACやNexToneに登録されていない楽曲

「原盤権」の他に作詞作曲、演奏家等の著作権者への利用許諾と著作権料の支払いが必要です。配信主より各権利保有者に許諾を得る必要があります。

「歌ってみた」「演奏してみた」「歌詞を朗読」などCD音源をそのまま使わない場合

JASRACやNexToneに登録されている楽曲

利用可能です。放送後に「楽曲利用申請フォーム」より利用した楽曲を報告してください。FRESH LIVEよりまとめてJASRACやNexToneへ著作権料を支払います。

JASRACやNexToneに登録されていない楽曲

配信主より、作詞作曲、演奏家等の著作権者への利用許諾と著作権料の支払いが必要です。

カラオケ音源を使って歌う、踊る、などはカラオケ音源の権利を持っている権利者(カラオケの場合はカラオケメーカーなど)の許諾が必要です。

楽曲利用後の流れにつきまして

許諾を頂いた楽曲につきましては、楽曲利用申請フォームから申請してください。

この記事は役に立ちましたか?

Related Articles