LiveShellエンコード設定

LiveShellを使ってFRESH LIVEで配信するための、Dashboardで配信設定、エンコード設定などを紹介します。

LiveShellを使用して生放送を行う

Dashboardの配信設定をする

Live Shellのダッシュボードにログインしてください。

設定を選択してください。

  1. 配信設定タブで配信先サービスにその他配信サービス(サーバーアドレス入力)を選択してください。
  2. 変更を選択してください。
  3. FRESH LIVE配信管理画面のエンコード設定項目を参考に下記項目を設定して下さい。
  4. 決定を選択してください。
Live Shell FRESH LIVE配信管理画面
配信先URL StreamURL
ストリーム名 Stream名
Dashboard再生用URL Dashboard再生用URL

DashboardでCUSTOMを選択してください。カスタムモードが表示されますので、下記項目を目安に設定してください。

チャンネル ステレオ
ビットレート 128~192kbps
アスペクト比 自動認識
レート制御 画質可変
平均ビットレート 1000~2000kbps
フレームレート 30fps
キーフレーム間隔 60f
配信キューの長さ 800
プロファイル Main
縦解像度 720 px

配信を開始する

  1. LiveShellの各種状態
    電源、入力解像度、キーロック、テロップ、一時停止、クロップのアイコン
  2. プレビューエリア
    Dashboard再生用URLを指定した場合、プレビューが表示されます。
  3. 回線状態
    各値の内容は右の表を参照してください。
  4. 配信情報
    配信開始からの経過時間、配信中の映像+音声のビットフレーム、フレームレート
  5. 配信開始・停止
  6. 一時停止・配信開始

この記事は役に立ちましたか?

Related Articles