OBSエンコード設定

このページではOBS Studioを利用した配信方法・ソフトの使用方法をまとめています。FRESH LIVEで生放送・ゲーム実況配信をする際の推奨設定やエンコード・Stream設定方法を紹介します。

※2019年2月12日をもちまして、無料チャンネルのサポートを終了いたしました。無料チャンネルでの新規番組作成や放送をおこなうことはできません。詳細は、配信管理画面(https://broadcast.freshlive.tv/)のおしらせ、または配信アプリ『FRESH CAST』のおしらせをご確認ください。

OBS Studioを使用して生放送を行う

OBS Studioは無料のエンコードツールです。ダウンロードは下記のリンクから行ってください。

OBS Studioダウンロードhttps://obsproject.com/

エンコードツールを設定する

  1. FRESH LIVE配信管理画面で番組を作成します。※番組の作成方法はこちら
  2. サイドバー「配信予約一覧」から配信予定番組を選択し、画面中央の『配信の準備をする』をクリックします。
  3. 画面右側に「配信の準備(エンコード設定)」が表示されます。
  4. OBSを起動して、OBS『設定』の「配信」タブを選択します。
  5. 「配信種別」を『カスタムストリーミングサーバー』に変更します。
  6. FRESH LIVE配信管理画面に表示された「Stream URL」の文字列をコピーして、OBSの「URL」に貼り付けします。
  7. FRESH LIVE配信管理画面に表示された「Stream 名」の文字列をコピーして、OBSの「ストリームキー」に貼り付けします。

※この作業はFRESH LIVEで番組配信される際には毎回おこなってください。

OBS Studioの推奨エンコーダープリセット(映像)

出力推奨設定

OBS『設定』の「出力」タブを選択し、出力モードを「詳細」に合わせます。下記の推奨設定に合わせて設定を変更します。

 出力モード 詳細
エンコーダ x264
出力をリスケールする チェックをはずす
レート制御 CBR
ビットレート 1000~2000 (※1)
特定バッファサイズを使用 チェックをはずす
キーフレーム間隔 2 (※2)
CPU使用のプリセット veryfast (※3)
プロファイル main
チューン なし

※1 PC負荷の観点から2000程度を推奨しております。配信がカクつく・映像が飛ぶ場合はビットレートを1000まで落としてください。

※2 必ず「2」で設定してください。

※3 CPUの負荷が高い場合は「superfast」に設定してください。

映像推奨設定

  1. OBS『設定』の「映像」タブを選択。
  2. 基本解像度、出力解像度ともに「1280×720」に設定する。
    ※「x」は小文字のエックスです。
基本解像度 1280×720
出力解像度 1280×720
FPS共通値 30

※解像度の値䛾設定は候補から選択するのではなく、手動で上記の値を入力してください

※基本解像度と出力解像度は合わせてください。異なる値を使用するとエンコーダーによる縮小処理が行われるため、音ズレの原因となる可能性があります。

OBS Studioの推奨エンコーダープリセット(音声)

音声推奨設定①

  1. OBS『設定』の「音声」タブを選択。
  2. サンプリングレートを「44.1khz」または「48khz」に設定し、チャンネルを「ステレオ」に設定する。

音声推奨設定②

  1. OBS『設定』の「出力」タブを選択。
  2. 音声ビットレートを「128〜192」の間で設定する。

OBS Studio配信画面の作り方

ソースを追加することでカメラ映像、タイトル画像、ゲーム画面などを組み合わせて自由に配信画面を作ることができます。

 

ソースの種類 出来ること
BrowserSource Web上に公開されているサイトや、PC上に保存されているHTMLファイルを配信中に表示できます。
ウィンドウキャプチャ PCのウィンドウごとにキャプチャをすることが可能です。
アマレコTVの画面やブラウザゲームを表示する際に選択します。基本これを選べば困りません。
ゲームキャプチャ PCゲーム(主にDirect Xを用いたゲーム)を表示したい場合に使います。
テキスト(GDI+) 番組テロップやツイッターID、番組タイトルを入れたい場合に使います。
メディアソース 動画を挿入することができます。途中で紹介映像を流したい場合などに使います。
映像キャプチャデバイス Webカメラからの映像やMonsterX、GC550などライブ機能に対応したビデオキャプチャから映像を直接指定する事が出来ます。アマレコTVのライブ機能を有効にした場合、こちらでも選択可能です。
画像 ロゴや配信用のカバー画像を入れたい場合に使います。
画面キャプチャ デスクトップの画面そのものを表示させたいときに使用します。ウィンドウキャプチャで画面が表示できない場合に使用しましょう。

画面の明るさ調整などは こちら を参考にしてください。

配信を開始する

  1. OBSメイン画面で『配信開始』ボタンをクリックすることで、OBSの映像をFRESH LIVE配信管理画面のプレビューウィンドウに映すことができます。
    ※この時点ではまだ配信は開始されていません。映像がプレビューウィンドウに映らない場合、OBSにエラー文が表示される場合は本マニュアル上部の「エンコードツールを設定する」を再度ご確認ください。
  2. FRESH LIVE配信管理画面のプレビューウィンドウに、OBSの映像が映ったことを確認したら『配信を開始する』ボタンをクリックすることで放送が開始されます。

配信を終了する

  1. FRESH LIVE配信管理画面『配信を終了』ボタンをクリックすると放送が終了します。※一度終了すると再開はできません。
  2. OBSの『配信終了』ボタンをクリックします。

関連リンク

この記事は役に立ちましたか?

Related Articles